@ありす in Wonderland

ミロカロスが好きです

[SMシーズン2使用構築] 特化受けミロクレセ軸 [最高&最終2000]

はじめまして@ありすです。

SMシーズン2お疲れ様でした。シーズン2も私の1番好きなポケモンであるミロカロスと2番目に好きなクレセリアを中心にレート2000を達成出来たので構築記事を書きたいと思います。

使用構築がこちらです。

f:id:Alice_poke:20170321151830p:plain

今回はミロカロスクレセリアで受ける事をメインに構築を考えていきました。

次に個別紹介になります。

 

f:id:Alice_poke:20170321155414g:plain

ミロカロス@とつげきチョッキ

性格:控えめ

特性:かちき

201(244)-58-105(44)-161(212)-146(4)-102(4)

熱湯/冷凍ビーム/ドラゴンテール/ミラーコート

 

国際孵化頑張りました。特殊受け担当

HBはA特化メガマンダの捨て身を確定耐えまで振っています。

とつげきチョッキにより特殊耐久に特化させました。

チョッキを持つことにより特化テテフのフィールドZサイキネまでも耐えることが出来るようになります。Cにほぼ特化させることで素早く負担を与え相手のポケモンの数を減らしていきます。

そして何より目を引くであろうドラゴンテールは積みアタッカーやバトン構築へのアンサーです。エーフィバトンや交代させつつ襷をつぶすことはほえるには出来ません。またドラゴンテールならチョッキを持たせることもできるので(外さなければ)上手く機能してくれました。

初手で勝ち気によりパーティを半壊させてくれたりもしたのでミロカロスはやはり強いと思います。

選出率1位

 

f:id:Alice_poke:20170321200617g:plain

クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:ふゆう

227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

冷凍ビーム/毒々/月の光/三日月の舞

 

厳選頑張りました(2回目)物理受け担当

物理受け代表として十分な仕事をしてくれました。メガガルやメガマンダを後投げからほぼ確実に受けれるのはやはり大きいと思います。7世代になっても依然として数値受けができ世代が変わっても信頼のおけるポケモンです。

選出率2位

 

f:id:Alice_poke:20170321205855g:plain f:id:Alice_poke:20170321205918g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:意地っ張り

特性:きもったま→親子愛

メガ前197(132)-161(252)-110(76)-x-101(4)-116(44)

メガ後197-194-130-x-121-126

秘密の力/グロウパンチ/ほのおのパンチ/ふいうち

 

最強のメガポケモン

6世代から使っていた個体をそのまま使用しました。

今期は受けループやそれに近い構築が非常に多かったのでグロウガルで削れるだけ削った後にクレセでもう1度暴れられるようにしてました。ムドーやナットやカグヤで止まらないようにするためにほのおのパンチを持たせガルーラ1匹でサイクル崩壊させた試合も少なくありません。弱体化されたとはいえその強さは健在でした。

選出率4位

 

f:id:Alice_poke:20170118001138g:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

性格:意地っ張り

特性:さめはだ

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/岩石封じ/ステルスロック

 

みんな大好きガブリアス

環境に非常に多かったリザードンウルガモス対策として投入。

スカーフ岩封なのはストーンエッジじゃなくても火力が足りていることと命中を考慮しての採用。ステルスロックは使えたら使おう位の気持ちです。ステロや岩封を使う事によってスカーフが考慮から外される事が何度かあったので構成として良かったと思います。

選出率5位

 

f:id:Alice_poke:20170321222032g:plainf:id:Alice_poke:20170321222051g:plain

リザードン@リザードナイトY

性格:臆病

特性:もうか→日照り

メガ前153-x-98-161(252)-106(4)-167(252)

メガ後153-x-98-211-136-167

オーバーヒート/かえんほうしゃ/ソーラービーム/めざめるパワー(氷)

 

バシャーモウルガモスを経ての採用

火力がある炎タイプの特殊アタッカーが欲しいというのと初手にステロ要員を誘導したかったので最終的にリザYを採用しました。なぜステロ要員を誘導したかったのかというとステロをしてくるポケモンミロカロスが強いからです。

リザやウルガモスが環境に多かったのでステロ枠を入れている構築は多くナット以外のステロ枠を基本的にミロカロスで見ることが出来ます。リザードンの選出率は低く、かなり刺さっているか誰も止めることが出来ないマッシブーンがいる時以外は選出しませんでした。また臆病でよかったシーンが全く無く絶妙に火力が足らない時が何度かあったので控えめにするかニトロチャージを採用した方がいいと思います。

選出率6位

 

f:id:Alice_poke:20170321232028g:plain

ナットレイ@たべのこし

性格:のんき

特性:てつのトゲ

181(252)-115(4)-201(252)-x-136-22

パワーウィップ/やどりぎの種/ステルスロック/守る

 

ミロクレセで厳しい所の受け担当

ナットミラーの対策のために全ての技のppを最大まであげています。また受けルにも積極的に選出しppを枯らしたりするなどして仕事をしてくれました。

Dに振ってテテフに強く出ようともしたのですがめざ赤がポンポン飛んできたので物理受け特化でよかったと思います。

選出率3位

 

<まとめ>

この構築を使っていてカミツルギマッシブーンが非常に重くどちらか1匹のためにリザを選出しなければいけなくなっていたのが難点でした。選出率も低かったのでリザードンの枠はもっと考察してみても良かったかもしれません。

シーズン2もミロカロスと共に20を達成することが出来て嬉しいです。次シーズンからはもっと上のレート帯に行けるように頑張っていきたいですね。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

何かありましたらこちらにお気軽にどうぞ

(Twitter:@mapopg)

f:id:Alice_poke:20170322193728j:plain

※画像はシーズン終了後のものです。