@ありす in Wonderland

ミロカロスが好きです

[SMシーズン3使用構築] 水Zミロカロス軸 [最高&最終2001]

はじめまして@ありすです。

SMシーズン3お疲れ様でした。シーズン3でも私の1番好きなポケモンであるミロカロスと2番目に好きなクレセリアを中心にしてレート2000を達成出来たので構築記事を書きたいと思います。

使用構築がこちらです。

f:id:Alice_poke:20170516205431p:plain

今回は7世代の新要素であるZ技をミロカロスに持たせて活躍させることをメインに考えて構築を組んでいきました。

次に個別紹介になります。

 

f:id:Alice_poke:20170321155414g:plain

ミロカロス@ミズZ

性格:控えめ

特性:かちき

201(244)-x-105(44)-145(92)-161(124)-102(4)

熱湯/冷凍ビーム/ミラーコート/自己再生

 

新たに国際孵化しました。対面性能特化型

HBは前回と同じくA特化メガマンダの捨て身を確定耐え。

HDは補正なしC252テテフのフィールドZサイキネ耐えまで振っています。

なぜ熱湯Zなのか

これはミロカロスとしての汎用性を失わないようにするためです。ハイドロポンプにしてしまうと元々熱湯で見れていた範囲が常に命中不安と戦わなくてはいけなくなります。強力な一撃に頼るのではなく、あくまで火力補強。熱湯Zは火力が丁度倍になるので1発では飛ばないからと起点にしてきた相手を持っていく為に使っていました。

対面性能を広げるために耐久に厚めに振りCにはあまり振れなかったため、HD特化カバルドンが熱湯Zで43.8%の乱数になってしまったので少しDを削ってCに振ってもいいかもしれません。

選出率1位

 

f:id:Alice_poke:20170513220339g:plain

ランドロス@こだわりスカーフ

性格:意地っ張り

特性:いかく

191(212)-187(36)-115(36)-x-105(36)-135(188)

地震/ストーンエッジ/はたき落とす/とんぼがえり

 

今回の電気の一貫切り枠

個人的に最も信頼している地面枠。調整はORASの時の流用です。環境にはびこるミミッキュにもそれなりに強く、威嚇まき、周りで削った後のお掃除等非常に動かしやすかったです。

はたき落とすはあまり使わなかったのでこの枠はステロでもよかったと思います。

選出率4位

 

f:id:Alice_poke:20170321205855g:plain f:id:Alice_poke:20170321205918g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:意地っ張り

特性:きもったま→親子愛

メガ前197(132)-161(252)-110(76)-x-101(4)-116(44)

メガ後197-194-130-x-121-126

秘密の力/グロウパンチ/ほのおのパンチ/ふいうち

 

前シーズンより続投。6世代最強ポケモン

子供の火力が削られたとはいえ耐久は変わっていないので今回も十分に仕事をしてくれました。前シーズンでも感じたのですが、メガガルが弱体化し、数が減ったせいかメガガルのケアが甘い構築に何度かあたり、ガルモンで勝てる試合もいくつかありました。

グロウ秘密ガルだったので後投げのゴツメカバやゴツメクレセも突破することが出来、受けルにも強く、今期も使いやすかったです。

選出率3位

 

f:id:Alice_poke:20170514144631g:plain f:id:Alice_poke:20170514144643g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病

特性:のろわれボディ→かげふみ

メガ前159(188)-x-81(4)-151(4)-103(60)-178(252)

メガ後159-x-101-191-123-200

たたりめ/ヘドロ爆弾/鬼火/道連れ

 

メガ進化枠2匹目

普通の鬼たたりめゲンガーです。(色違いが使いたかっただけ)

道連れ連打が出来なくなったため挑発に切り替えるか迷いましたが、連打したい時がほとんど無くすんなり落としてもらえたのでこの構成のまま採用。ただメガゲンガーの役割対象を把握できていなかったので選出率が低くなった所が反省点です。

選出率6位

 

f:id:Alice_poke:20170321200617g:plain

クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:ふゆう

227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

冷凍ビーム/毒々/月の光/三日月の舞

 

こちらも前シーズンより続投。数値受けポケモン

環境に多かったメガメタグロスに対するアンサー。グロスに受け出す→毒々の立ち回りで基本的には動いてました。ガブマンダランドへの打点に冷Bが欲しかったのでこの構成のままで良かったと思います。カプ・レヒレに上から挑発を打たれて機能停止させられることが何度かあったので、レヒレ抜きまでSを振るのもありだと思いました。色クレセの三日月の舞好き。

選出率2位

 

f:id:Alice_poke:20170515232418g:plain

ヒードラン@たべのこし

性格:穏やか

特性:もらいび

193(212)-x-127(4)-151(4)-145(44)-128(244)

ふんえん/毒々/みがわり/守る

 

有利対面に投げて毒をまくだけの簡単なお仕事です

ポリクチやリザードンなどに強く出られて補完として優れていたので採用。体感ですが地震持ちリザXをほとんど見なかったのでとりあえずリザに対しては後投げしてました。ウルガモスストッパーのつもりでもあったのですが後投げする度に自慢のめざ地ガモスに分からされたのでドランで見ようとするのはよくなかったかもしれません。テテフにも一応強くでれますがめざ地がちょくちょく飛んできたのでテテフもドランでは見ないようにしました。

選出率5位

 

<まとめ>

7世代の新要素であるZ技をミロカロスが生かすにはどのようにすればいいか考えた結果この型になり、その力を最大限発揮しつつ勝ち上がるためにこのような構築になりました。この記事を読んでミロカロスを使ってみたいなと思ってくれる方が1人でもいれば幸いです。

シーズン3もミロ軸で20達成できて嬉しいです。そろそろ7世代の新規ポケモンも試していきたいですね。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

何かありましたらこちらにお気軽にどうぞ

(Twitter:@mapopg)

f:id:Alice_poke:20170516203425p:plain

※画像はシーズン終了後のものです。