@ありす in Wonderland

ミロカロスが好きです

[SMシーズン3使用構築] 水Zミロカロス軸 [最高&最終2001]

はじめまして@ありすです。

SMシーズン3お疲れ様でした。シーズン3でも私の1番好きなポケモンであるミロカロスを中心にしてレート2000を達成出来たので構築記事を書きたいと思います。

使用構築がこちらです。

f:id:Alice_poke:20170516205431p:plain

今回は7世代の新要素であるZ技をミロカロスに持たせて活躍させることをメインに考えて構築を組んでいきました。

次に個別紹介になります。

f:id:Alice_poke:20170321155414g:plain

ミロカロス@ミズZ

性格:控えめ

特性:かちき

201(244)-x-105(44)-145(92)-161(124)-102(4)

熱湯/冷凍ビーム/ミラーコート/自己再生

 

新たに国際孵化しました。対面性能特化型

HBは前回と同じくA特化メガマンダの捨て身を確定耐え。

HDは補正なしCぶっぱテテフのフィールドZサイキネ耐えまで振っています。

なぜ熱湯Zなのか

これはミロカロスとしての汎用性を失わないようにするためです。ハイドロポンプにしてしまうと元々熱湯で見れていた範囲が常に命中不安と戦わなくてはいけなくなります。強力な一撃に頼るのではなく、あくまで火力補強。熱湯Zは火力が丁度倍になるので1発では飛ばないからと起点にしてきた相手を持っていく為に使っていました。

対面性能を広げるために耐久に厚めに振りCにはあまり振れなかったため、補正ありHDカバルドンが熱湯Zで中乱数になってしまったので少しDを削ってCに振ってもいいかもしれません。

選出率1位

 

f:id:Alice_poke:20170513220339g:plain

ランドロス@こだわりスカーフ

性格:意地っ張り

特性:いかく

191(212)-187(36)-115(36)-x-105(36)-135(188)

地震/ストーンエッジ/はたき落とす/とんぼがえり

 

今回の電気の一貫切り枠

個人的に最も信頼している地面枠。調整はORASの時の流用です。環境にはびこるミミッキュにもそれなりに強く、威嚇まき、周りで削った後のお掃除等非常に動かしやすかったです。

はたき落とすはあまり使わなかったのでこの枠はステロでもよかったと思います。

選出率4位

 

f:id:Alice_poke:20170321205855g:plain f:id:Alice_poke:20170321205918g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:意地っ張り

特性:きもったま→親子愛

メガ前197(132)-161(252)-110(76)-x-101(4)-116(44)

メガ後197-194-130-x-121-126

秘密の力/グロウパンチ/ほのおのパンチ/ふいうち

 

前シーズンより続投。6世代最強ポケモン

子供の火力が削られたとはいえ耐久は変わっていないので今回も十分に仕事をしてくれました。前シーズンでも感じたのですが、メガガルが弱体化し、数が減ったせいかメガガルのケアが甘い構築に何度かあたり、ガルモンで勝てる試合もいくつかありました。

グロウ秘密ガルだったので後投げのゴツメカバやゴツメクレセも突破することが出来、受けルにも強く、今期も使いやすかったです。

選出率3位

 

f:id:Alice_poke:20170514144631g:plain f:id:Alice_poke:20170514144643g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病

特性:のろわれボディ→かげふみ

メガ前159(188)-x-81(4)-151(4)-103(60)-178(252)

メガ後159-x-101-191-123-200

たたりめ/ヘドロ爆弾/鬼火/道連れ

 

メガ進化枠2匹目

普通の鬼たたりめゲンガーです。(色違いが使いたかっただけ)

道連れ連打が出来なくなったため挑発に切り替えるか迷いましたが、連打したい時がほとんど無くすんなり落としてもらえたのでこの構成のまま採用。ただメガゲンガーの役割対象を把握できていなかったので選出率が低くなった所が反省点です。

選出率6位

 

f:id:Alice_poke:20170321200617g:plain

クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:ふゆう

227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

冷凍ビーム/毒々/月の光/三日月の舞

 

こちらも前シーズンより続投。数値受けポケモン

環境に多かったメガメタグロスに対するアンサー。グロスに受け出す→毒々の立ち回りで基本的には動いてました。ガブマンダランドへの打点に冷Bが欲しかったのでこの構成のままで良かったと思います。カプ・レヒレに上から挑発を打たれて機能停止させられることが何度かあったので、レヒレ抜きまでSを振るのもありだと思いました。色クレセの三日月の舞好き。

選出率2位

 

f:id:Alice_poke:20170515232418g:plain

ヒードラン@たべのこし

性格:おだやか

特性:もらいび

193(212)-x-127(4)-151(4)-145(44)-128(244)

ふんえん/毒々/みがわり/守る

 

有利対面に投げて毒をまくだけの簡単なお仕事です

ポリクチやリザードンなどに強く出られて補完として優れていたので採用。体感ですが地震持ちリザXをほとんど見なかったのでとりあえずリザに対しては後投げしてました。ウルガモスストッパーのつもりでもあったのですが後投げする度に自慢のめざ地ガモスに分からされたのでドランで見ようとするのはよくなかったかもしれません。テテフにも一応強くでれますがめざ地がちょくちょく飛んできたのでテテフもドランでは見ないようにしました。

選出率5位

 

<まとめ>

7世代の新要素であるZ技をミロカロスが生かすにはどのようにすればいいか考えた結果この型になり、その力を最大限発揮しつつ勝ち上がるためにこのような構築になりました。この記事を読んでミロカロスを使ってみたいなと思ってくれる方が1人でもいれば幸いです。

シーズン3もミロ軸で20達成できて嬉しいです。そろそろ7世代の新規ポケモンも試していきたいですね。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

何かありましたらこちらにお気軽にどうぞ

(Twitter:@mapopg)

f:id:Alice_poke:20170516203425p:plain

※画像はシーズン終了後のものです。

[SMシーズン2使用構築] 特化受けミロクレセ軸 [最高&最終2000]

はじめまして@ありすです。

SMシーズン2お疲れ様でした。シーズン2も私の1番好きなポケモンであるミロカロスと2番目に好きなクレセリアを中心にレート2000を達成出来たので構築記事を書きたいと思います。

使用構築がこちらです。

f:id:Alice_poke:20170321151830p:plain

今回はミロカロスクレセリアで受ける事をメインに構築を考えていきました。

次に個別紹介になります。

f:id:Alice_poke:20170321155414g:plain

ミロカロス@とつげきチョッキ

性格:控えめ

特性:かちき

201(244)-58-105(44)-161(212)-146(4)-102(4)

熱湯/冷凍ビーム/ドラゴンテール/ミラーコート

 

国際孵化頑張りました。特殊受け担当

HBはA特化メガマンダの捨て身を確定耐えまで振っています。

とつげきチョッキにより特殊耐久に特化させました。

チョッキを持つことにより特化テテフのフィールドZサイキネまでも耐えることが出来るようになります。Cにほぼ特化させることで素早く負担を与え相手のポケモンの数を減らしていきます。

そして何より目を引くであろうドラゴンテールは積みアタッカーやバトン構築へのアンサーです。エーフィバトンや交代させつつ襷をつぶすことはほえるには出来ません。またドラゴンテールならチョッキを持たせることもできるので(外さなければ)上手く機能してくれました。

初手で勝ち気によりパーティを半壊させてくれたりもしたのでミロカロスはやはり強いと思います。

選出率1位

 

f:id:Alice_poke:20170321200617g:plain

クレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:ふゆう

227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105

冷凍ビーム/毒々/月の光/三日月の舞

 

厳選頑張りました(2回目)物理受け担当

物理受け代表として十分な仕事をしてくれました。メガガルやメガマンダを後投げからほぼ確実に受けれるのはやはり大きいと思います。7世代になっても依然として数値受けができ世代が変わっても信頼のおけるポケモンです。

選出率2位

 

f:id:Alice_poke:20170321205855g:plain f:id:Alice_poke:20170321205918g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:意地っ張り

特性:きもったま→親子愛

メガ前197(132)-161(252)-110(76)-x-101(4)-116(44)

メガ後197-194-130-x-121-126

秘密の力/グロウパンチ/ほのおのパンチ/ふいうち

 

最強のメガポケモン

6世代から使っていた個体をそのまま使用しました。

今期は受けループやそれに近い構築が非常に多かったのでグロウガルで削れるだけ削った後にクレセでもう1度暴れられるようにしてました。ムドーやナットやカグヤで止まらないようにするためにほのおのパンチを持たせガルーラ1匹でサイクル崩壊させた試合も少なくありません。弱体化されたとはいえその強さは健在でした。

選出率4位

 

f:id:Alice_poke:20170118001138g:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

性格:意地っ張り

特性:さめはだ

183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

逆鱗/地震/岩石封じ/ステルスロック

 

みんな大好きガブリアス

環境に非常に多かったリザードンウルガモス対策として投入。

スカーフ岩封なのはストーンエッジじゃなくても火力が足りていることと命中を考慮しての採用。ステルスロックは使えたら使おう位の気持ちです。ステロや岩封を使う事によってスカーフが考慮から外される事が何度かあったので構成として良かったと思います。

選出率5位

 

f:id:Alice_poke:20170321222032g:plainf:id:Alice_poke:20170321222051g:plain

リザードン@リザードナイトY

性格:臆病

特性:もうか→日照り

メガ前153-x-98-161(252)-106(4)-167(252)

メガ後153-x-98-211-136-167

オーバーヒート/かえんほうしゃ/ソーラービーム/めざめるパワー(氷)

 

バシャーモウルガモスを経ての採用

火力がある炎タイプの特殊アタッカーが欲しいというのと初手にステロ要員を誘導したかったので最終的にリザYを採用しました。なぜステロ要員を誘導したかったのかというとステロをしてくるポケモンミロカロスが強いからです。

リザやウルガが環境に多かったのでステロ枠を入れている構築は多くナット以外のステロ枠を基本的にミロカロスが見ることが出来ます。リザードンの選出率は低くかなり刺さっているか誰も止めることが出来ないマッシブーンがいる時以外は選出しませんでした。また臆病でよかったシーンが全くと言っていいほど無く絶妙に火力が足らない時が何度かあったので控えめにするかニトロチャージを採用した方がいいと思います。

選出率6位

 

f:id:Alice_poke:20170321232028g:plain

ナットレイ@たべのこし

性格:のんき

特性:てつのトゲ

181(252)-115(4)-201(252)-x-136-22

パワーウィップ/やどりぎのタネ/ステルスロック/守る

 

ミロクレセで厳しい所の受け担当

ナットミラーの対策のために全ての技のppを最大まであげています。また受けルにも積極的に選出しppを枯らしたりするなどして仕事をしてくれました。

Dに振ってテテフに強く出ようともしたのですがめざ赤がポンポン飛んできたので物理受け特化でよかったと思います。

選出率3位

 

<まとめ>

この構築を使っていてカミツルギマッシブーンが非常に重くどちらか1匹のためにリザを選出しなければいけなくなっていたのが難点でした。選出率も低かったのでリザードンの枠はもっと考察してみても良かったかもしれません。

シーズン2もミロカロスと共に20を達成することが出来て嬉しいです。次シーズンからはもっと上のレート帯に行けるように頑張っていきたいですね。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

何かありましたらこちらにお気軽にどうぞ

(Twitter:@mapopg)

f:id:Alice_poke:20170322193728j:plain

※画像はシーズン終了後のものです。

[SMシーズン1使用構築] 両受けミロカロス軸 [最高2027]

はじめまして@ありすです。

SMシーズン1お疲れ様でした。シーズン1では私が1番好きなポケモンであるミロカロスを軸に自身初のレート2000を達成出来たので構築記事を書いていきたいと思います。

使用構築がこちらです。

f:id:Alice_poke:20170117234021p:plain

環境に合いそうだと考えたミロカロスを中心にして周りを固めていきました。

次に個別紹介になります。

f:id:Alice_poke:20170118001026g:plain

ミロカロス@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:かちき

201(244)-x-144(252)-122(12)-145-101

熱湯/冷凍ビーム/ミラーコート/自己再生

 

構築の軸であり私が1番好きなポケモン

基本的に先発に投げて1匹以上を持っていってもらいました。環境でよく見るメガポケをほぼ対面処理することができます。

ブレクロで倒しに来るガルは、かちきにより最大Cが4段階上昇するのでゴツメ2回+熱湯で飛ばします。ブレクロでBが下がらなくても次のターンに自己再生を押せば間に合うので対面からガルに負けることはまずありませんでした。

また特性かちきにより環境に多かったギャラやマンダに対して対面から威嚇を貰いCを上昇させ倒していき、更に後ろから出てくるポケモンにも自己再生でHが確保できていればかなりの負担を与えることができます。

特殊方面もHに振るだけでC特化テテフのフィールド込みメガネサイキネを確2、最速Cぶっぱコケコのフィールド10万確2等、ミラコで返りうちにすることができる非常に優秀なポケモンです。ペリグドラの雨にも1匹で対処出来るので助かりました。

かちきや自己再生はよく比較にされるスイクンには無い点ですのでミロカロスの強さが伝われば幸いです。

選出率堂々の1位

 

f:id:Alice_poke:20170118001046g:plain

ミミッキュ@気合いの襷

性格:意地っ張り

特性:ばけのかわ

131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

シャドークロー/じゃれつく/かげうち/剣の舞

 

可愛い(可愛い)

普通のテンプレミミッキュ。襷を持たせることにより行動保証を更に1回増やしました。

竜舞身代わり持ちマンダがパーティ全体で重めだったので採用。どんな火力の技でも2回は受けれるので選出時はしっかり仕事をしてくれて使いやすかったです。

選出率6位

 

f:id:Alice_poke:20170118001104g:plain

テッカグヤ@たべのこし

性格:腕白

特性:ビーストブースト

203(244)-122(4)-168(236)-x-123(12)-83(12)

ヘビーボンバー/やどりぎの種/身代わり/守る

 

画面に収まってくれない系UB

上からやどみがをしていくS振りよりも耐久性能が高い方がいいかと考えほぼB特化させました。居座り性能を高めるためにたべのこしを持たせましたが持ち物が被ってなければゴツメを持たせたいとも思ったので悩ましいところですね。

からやぶパルシェンやほのおの牙ガブリアスを意識しヘビボンを採用しましたが炎技が欲しいシーンも何度かあったのでここは変えてみても良かったかもしれないです。

選出率5位

 

f:id:Alice_poke:20170118011003g:plain f:id:Alice_poke:20170118001129g:plain

ハッサム@ハッサムナイト

性格:意地っ張り

特性:テクニシャン→テクニシャン

メガ前175(236)-180(108)-127(52)-x-112(92)-88(20)

メガ後175-202-167-x-132-98

バレットパンチ/ぶんまわす/剣の舞/羽休め

 

唯一のメガ枠

Hはきれいな175まで振り、Sラインはメガ後準速Aガラガラ抜きまで振りました。剣の舞ぶんまわすでAガラガラが確1なので自慢の準速ガラガラだとしても上から叩いていくことが出来ました。

パーティ単位で重かったポリゴン2をこの時期にめざ赤粘ってる人はいないだろう(願望)と考え、積極的にハッサムで積みの起点にしてきました。その関係上Dにも多めに振りめざ赤持ち以外のポリ2に強く攻めれるようにしています。

テテフの登場によりバレパンの縛り性能は多少下がりましたが、それでもやはりメガハッサムは強かったです。

泥棒ではなくぶんまわすを採用しているのはエフェクトがかっこいいからです。

選出率2位

 

f:id:Alice_poke:20170118001138g:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

性格:陽気

特性:さめはだ

183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

逆鱗/地震/ストーンエッジ/ほのおの牙

 

大正義ガブリアス

ZテクスチャーポリZやZ催眠デンジュモクなどを上から叩くために最速スカーフでの採用。ほのおの牙はテッカグヤとハッサム意識での採用です。

環境の変化にもとらわれず十分な活躍をしてくれたのでやっぱりガブリアスは強い。

選出率3位

 

f:id:Alice_poke:20170118001142g:plain

カプ・コケコ@こだわりメガネ

性格:臆病

特性:エレキメイカー

145-117-105-147(252)-96(4)-200(252)

10万ボルト/マジカルシャイン/とんぼがえり/ボルトチェンジ

 

Aに王冠使わないまま最後まで戦った子

Aが理想じゃないのは元々とんぼがえりではなく草結びを持たせてたからなのですが、草結びを打つ機会があまりにも少なかったのでとんぼがえりに変更。

打点をいれるというよりは安全に交換するのと襷を潰せればよかったので特別困ることはなかったです。持ち物のメガネは足りない火力を補うために持たせていました。その結果メガネとんぼがえりという訳のわからない事になりましたが命の珠を持たせてコケコを消耗したくなかったのでメガネを持ち続けることになりました。

選出率4位

 

<まとめ>

 全体として特に問題だったのが環境に多かった放射持ちやどみがテッカグヤ+電気受け(特にランターン)の組み合わせが崩し辛く交換読みをかなり仕掛けなければいけなかったのがこの構築の反省点です。

シーズン1という特殊な環境を手探りで挑んで行くのは面白くシーズン2もバンクが解禁されてどんなポケモンが活躍するのか今から楽しみです。次シーズンからもミロカロスを活躍させて勝っていきたいですね。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!

何かありましたらこちらにお気軽にどうぞ(Twitter:@mapopg)

f:id:Alice_poke:20170118005350j:plain

※ 画像は最高レート更新時(12月29日)のものです。